TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.60 2008 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUPER GT SUGO GT 300km RACE

Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 富士 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round9
FUJI GT 300km 予選レポート

 スーパーGT2008年シリーズは、いよいよ最終戦を迎えた。3月から約8ヵ月にわたり繰り広げられた激闘も、この富士の舞台で終焉となる。タイトル争いに注目が集まるこの最終戦だが、タイトル候補のマシンはいずれもハンデが重く中団グループでポイントを争うことが予想される。つまり今回優勝を争うのは、それ以外のマシンということだ。もちろん、チームウエマツノバの4号車(VEMAC408R)もその本命に数えられる。そしてさらに注目すべきは、今回第3戦以来のスポット参戦となる、監督の植松自らステアリングを握る16号車(VEMAC350R)である。今回のためにエンジンには大幅な改良が加えられ、パワーアップを果たした♯16は金曜日の練習走行で総合6位をマーク。植松自身半年ぶりにステアリングを握ったにもかかわらず、一年間激戦をくぐり抜けてきた猛者達に引けを取らぬ堂々の上位争いを繰り広げたことで、♯4とのダブル入賞、いやダブル表彰台の期待さえ感じさせていた。

 しかしこの日の公式予選、富士は朝から予想外の雨に見舞われる。前日のドライ走行では2台ともに良好なパフォーマンスを発揮したといえるが、この雨によりチームウエマツノバにとっての2008年最後の公式予選は、苦戦を強いられることになった。

 予選1回目は午前10時10分、GT300クラスの占有走行から開始。雨はそう強くないながらも止むことはなく、全マシンがウェットタイヤでの走行となる。前戦で今季初優勝を挙げた♯81 ダイシンADVAN Zを先頭に、開始直後から各マシンは続々とコースイン。序盤から激しいアタックが繰り広げられた。最初の2、3周は濡れた路面でスピンするマシンが数台見受けられるなど難しいセッションになったが、そんな中唯一の4駆マシン♯77 クスコスバルインプレッサが予想通り序盤からリードを築き、周回を重ねる毎にタイムを上げる。♯77は中盤に♯33 ハンコックポルシェに一時トップを明け渡すもチェッカー間際に1'53.073をマークし、占有時間のトップに立った。

 チームウエマツノバは♯4が阪口、♯16は植松がそれぞれ、占有時間帯でのアタックドライバーをつとめた。両マシンは開始直後からコースに入ると、路面温度が低かったことで終盤にターゲットを置き、連続で周回を重ねていく。♯4の阪口は序盤こそ出遅れていたが3周目にようやく2分を切ると、そこからはアタック毎にタイムを上げ続け、ラストアタックで1'58.408をマーク。占有時間帯での8位を奪い、スーパーラップ進出にリーチをかけた。一方の♯16も同じく序盤はタイムが伸び悩み、なかなか2分の壁を破ることが出来なかった。そしてようやく最後のアタックで1'59.6881をマークすることに成功するが、結果は13位と、トップ10にはもう一歩及ばす。混走時間帯にスーパーラップ進出は託されることになった。

 GT500クラスの占有が終わり、混走時間帯のセッションが開始される。雨は降り止まないが走行ライン上は水の量が減ってきていたため、混走とはいえ順位が大きく変動する可能性が出てきた。♯4にとっては気が抜けない状況である。しかし一方の♯16にとっては大きなチャンスとなった。
 そして占有時間帯で大きなリードを築いた唯一の4輪駆動である♯77を除く2位以下では予想通り、激しい順位変動が繰り広げられることになる。路面状況が刻々と良くなり、♯4はここから松下がステアリングを握り、最初のアタックで1'57.657をマーク。占有でのタイムを早々と更新し、さらなる順位アップの期待を膨らませた。その後も松下は1'56.576とタイムを削って行くが、ライバル達はさらにタイムを上げてきており、それでもこの時点で10位とギリギリの状況に立たされる。松下は最終アタックに賭けた。マシンの調子から松下には55秒代が見えていたのだ。しかし満を持してラストアタックに挑んだものの、途中運悪くトラフィックに阻まれてしまい結局タイムアップはならず。最終的に♯4は最終戦の公式予選を12位で終えることになり、スーパーラップ進出を果たすことは出来なかった。
 また、一方の♯16は筒井が混走時間帯でアタックを行った。筒井はまず基準タイムをクリア。その後も連続でアタックするが、占有でのベストを上回るところまでタイムを上げることは出来ず、順位を13位から徐々に落していくことになる。♯16は結局22位で公式予選を終えた。

 なお、雨の走行であったためトップは安泰かと思われた♯77だったが、予選1回目では最後の最後に♯33に逆転を許す。しかしスーパーラップで再び逆転に成功し、最終戦のポールポジションを奪った。

◇コメント

◎植松監督
「今日がドライであれば、4号車も16号車もスーパーラップに進出していたはずなのですが、雨に祟られてしまいましたね。普段の行いが悪いのかな(笑)。4号車に関しては、金曜日は良くても予選で崩れてしまうという、最終戦もまた、今季を象徴する結果になってしまいました。16号車に関しては今回エンジンを大幅に改良してきたのですが、それが非常にいい方向で、昨日も44秒代の安定したラップを刻むことが出来ていました。しかし雨になってしまったことで、今日は全く活かすことが出来なかった。あそこまで順位が落ちるとは思いませんでした。そのあたりは作戦ミス、混走でもう一度自分がアタックに行けばよかったのですが、#4のスーパーラップに残すための作戦を考えてるうちに予選が終わってしまいました。やはりアタッカーをやりながら、他の車の監督を務めるのはむずかしいですね。でも#16の前に直線の速いポルシェがいないことで明日のレースでは、それほど戦いにくくはならないでしょう。明日は、今年の集大成を見せなければならない場。4号車に関しては鬼木エンジニアにすべてまかせて、自分は16号車に集中したいと思います。12番手から表彰台まで上がって行くのは決して簡単ではないと思いますが、最後なのでとにかくやりたいようにやってもらって、結果を楽しみにします。」

◎阪口
「マシンの状態がもともとレインにあまり向いておらず苦戦になりましたが、その状況の中でこの順位はまずまずだと思います。タイミングの問題が大きかっただけで、松下自身は良く頑張ったと思います。まあ欲をいえば、トップ10には入っておきたかったですけど。今回は前回の富士に比べ車を大きく変えてきたのですが、前回が43秒代に入れることが出来ていたのに対し、今回はそれが出来ていない。マシンをまだ煮詰めきれていのかも知れないし、僕も松下も乗り方を間違っているのかも知れません。明日の朝、そのあたりを十分煮詰め直して、最終戦のレースに挑みたいと思います。」

◎松下
「今日の混走でのアタックは、予定通りにタイムを上げるべき場面できっちりとタイムを上げていくことが出来たし、最後のアタックでもセクター1でコンマ3更新することが出来ていました。走っている場所と、タイミングに恵まれなかったことでスーパーラップに残ることが出来ませんでしたが、それはある意味しょうがなかったのかなと思います。最終戦でスーパーラップに行くことが出来なかったのは残念ですが、それなりのポテンシャルを感じられたのは良かったと思います。明日はチームみんなが表彰台を狙っています。12位から表彰台まで追い上げて、ドラマチックな最終戦にしたいと思います。」

◎筒井
「今思えば、もう少し早めに自分が基準タイムを出して、植松選手が再びアタックに行くことが出来ていたら、もう少しグリッド順を上げられたのかも知れません。ずっと引っ掛かってしまったのが残念です。でも前回(第3戦)と比べ、マシンは圧倒的に速いと思います。終盤に植松選手がアタックしていたら3番手ぐらいに行けていたのではないでしょうか。明日は22番手からどれだけ追い上げられるかわかりませんが、とにかく前を目指して頑張りたいと思います。」


Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.