TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.60 2008 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUPER GT SUGO GT 300km RACE

Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 オートポリス 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round8
KYUSHU 300km 予選レポート

 スーパーGTの2008年シリーズは、第8戦を九州のオートポリスで迎えた。今季新たなスタートを切ったチームウエマツノバの最初のシーズンも、残すところわずか2戦。体制が強化されたことで開幕前はタイトルをも視野に入れていたチームウエマツノバだったが、ここまで惜しいレースはあったものの結局表彰台フィニッシュを果たすことは出来ず、悔いの残るシーズンが続いている。そしてタイトルの望みも潰えた今、残り2戦でなんとか表彰台フィニッシュを果たすことがチームの至上命題であることは間違いない。オートポリスは4号車(VEMAC320R)の得意とするテクニカルコース。この日の公式予選でも、上位グリッド獲得の期待は大きかった。

 10月後半とは思えない陽気につつまれたこの日のオートポリス。絶好のコンデション下で午前10時20分から、予選1回目、GT300クラスの占有走行が開始される。まずは10台ほどがコースイン。序盤をリードしたのは♯19 ウェッズスポーツIS350で、1周目に1’52.835をマークすると翌周もタイムアップを果たしターゲットとなる。しかし、セッション中盤になり全車がアタックを始めると♯43 ARTAガライヤはじめ、これを上回るマシンが現れはじめる。そして終盤に入ると、いよいよトップ争いは51秒台に突入。♯11 JIMCENTER ADVAN F430が1’51.505をマークすると、2番手には♯2 プリヴェKENZOアセット紫電が1’51.638で続いた。

 ♯4のアタッカーは今回、阪口がつとめた。開始から10分過ぎに満を持してコースインした阪口はまず、アウトラップともう1周を走行し、いよいよアタックを開始。しかし、この周の第2ヘアピンでスピンを喫してしまう。このコーナーでは前日もスピンがあり、クラッチ調整の問題からマシンはここでスピンしやすい状況であった。そして阪口は翌周、スピンを避けるためにややセーブしつつ再度アタック。タイムを1’52.301とし、この時点での7位に立った。これでスーパーラップ進出が見えきた♯4はさらに翌周、今度は思いきったアタックを仕掛ける。しかしやはり第2ヘアピンでスピン、その後ピットに戻った。

 混走セッションでは、GT500クラス占有時間に赤旗が出た影響からタイムをまだ出していない500のマシンがひしめき合い、開始からコース上はかなり混雑状態となる。♯4はまず松下をコースに送ると2周の走行で基準タイムをマークさせ、一旦ピットイン。予想通りここでタイムを上げてくるマシンはなく、チームはスーパーラップ進出を確信する。阪口は再びアタックに向かうことはなく、松下が再度コースインし走行を重ねた。

 午後のスーパーラップは、予選2回目にアクシデントがあったことで、10分遅れの午後2時40分から開始された。♯4阪口のアタック順は、4番目である。そこまでの3台によるベストは1’52.030と、そう高いハードルではなかった。阪口は51秒台を狙い、アタックに入る。ところが特にミスもなったはずのこのアタックは、予想をはるかに下回る1’53.375に留まってしまう。この時、路面温度は2日間の中で最も高く、アタックラップでタイヤをベストな状態に調整することがそう簡単ではなかったのだ。阪口はこれを変に意識しすぎてしまい、結果的にアタックのタイミングでうまくタイヤをあたためることが出来ないでいた。また、午前の状況から改善があまり見られないマシンに、やはりセーブ気味のアタックになってしまったことも影響した。♯4は、順位を上げるべきスーパーラップで逆に、10番手まで順位を落すことになった。
なお、その後のスーパーラップは51秒台のハイレベルな戦いとなった。そして第8戦のポールは、唯一ここで50秒台を叩きだした♯11が奪った。

 今回も♯4は充分に5〜6番手あたりが想定出来る速さを見せたが、1発勝負でのノウハウにやや弱い部分があったようだ。それでも二人のラップタイムを考えると、決勝で挽回する可能性は低くはない。残りは2戦しかない。とにかく悔いを残さぬよう精一杯戦うことが、表彰台への唯一の道である。

◇コメント

◎植松監督
「予選1回目のタイムは、想定していたより良かった。52秒半ばかな、と思っていたところ52秒前半が出ましたし。また、スーパーラップではタイヤをあたためられなかったというよりも、あたたまりにくいことを予想できなかった。それがポジションダウンの原因です。反省する部分も多々ありますね。今のプラス1救済は今回までなので、思えばここが勝負所だった。そういう意味では残念な結果だと言えます。10番手から、レースでどこまで追い上げることができるかは分かりませんが、とにかく残りは2戦。失うものはないし、一生懸命やるしかないと思います。あとは作戦次第。この位置になるとは思わなかったので、これから作戦を練り直したいと思います。」

◎阪口
「『この2日間で路面温度が最も高かった』ことを、ちょっと意識しすぎてしまい、スーパーラップでタイヤの温度をうまくピークにもってくることができませんでした。もっと上に行きたかったんですけど…。でもまあ失敗があったとはいえ、スーパーラップだったので、10位以下に落ちることがなかったのが幸いです。自分も松下も、ここはいい感じでタイムを上げることが出来ているので、トータルではもっと上に行ける自信はあります。レースに期待してください。」

◎松下
「練習走行からそんなにマシンは悪くはなかったと思うのですが、スーパーラップの時だけタイヤを温め切れなかったことが原因で10番手。でもゴールはあくまで明日の60周先にある。そこでどのポジションにいるかの方が大事だと思います。うちはタイヤも他よりタレないですし、今回はピットワークも速いはず。今季のベストフィニッシュを達成する自信はあります。タイヤに厳しいサーキットなので、とにかくマネジメントに気をつけて、自分のスティントでは速いペースを維持して頑張るだけです。」


Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.