TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.60 2008 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUPER GT SUGO GT 300km RACE

Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 ツインリンクもてぎ 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round7
MOTEGI GT 300KM 予選レポート

 スーパーGTの2008年シリーズは、残り3戦。第7戦をツインリンクもてぎで迎えた。前半戦から着実に上位で戦いつづけるチームウエマツノバの4号車(VEMAC320R)だったが、前戦の鈴鹿1000kmでは思いがけないアクシデントに見舞われ今季初のリタイア。本来であれば最も期待の高かった鈴鹿1000kmで一気にタイトル争いに名乗りを上げるはずが、その目論みは外れ、逆に状況は厳しくなってしまった。しかし今季未だ果たされていない表彰台を獲得するために、モチベーションを下げることなくチームはもてぎに乗り込んだ。合同テストでも3位をマークしているもてぎだけに、チームはその可能性をより感じていたのだ。

 この日の予選は、昨年のもてぎ戦と同じくノックダウン方式が採用された。セッションは3つに分けられ、それぞれでタイムの遅かった数台ずつがふるい落されていくという、F1と同様の方式である。さらに今回は、同じドライバーが3セッションともアタックすることができないという新ルールも追加された。また、使用タイヤは1セットのみ。したがって戦略性が非常に高い予選となる。これまでのように1発の速さがあればいいわけではなく、チームとしての総合力がより重要になってくる。

 基準タイムを出さなければならない午前の予選1回目では、♯4は5位のタイムをマーク。前日の練習走行からの好調を持続させ、グリッド順を決める本番のノックダウン予選に挑んだ。

 晴天の中、午後2時50分から行われたノックダウン予選。まずは24台中4台がふるい落される、15分間のセッション1を迎える。♯4はまず、松下がアタックを行った。このノックダウン予選で上位グリッドを獲得するためには、セッション3までいかにタイヤを温存できるかがカギを握る。したがって松下は1回のアタックで、セッション2進出確実となるタイムをマークしなければならない。そして松下はその期待通りに1周目で1'57.224をマークし、セッション1を10位でクリア。その役目をそつなく果たした。なお、このセッション1で♯19 ウェッズスポーツIS350が1'54.834という驚異のタイムをマークしたが、午前の予選で車両規定違反があったため全タイム抹消になる。#19はセッション2進出の権利をもっておらず、2位の♯110 KUMHO BOXSTER-GTがトップ通過を果たした。

 この後GT500クラスのセッションを終え、7分間のインターバルを挟みセッション2が開始される。20台中半数の10台がふるい落とされるという、気の抜けないセッションである。セッション2では全台一斉にではなく、それぞれが順番に間隔をとってのアタックとなった。♯4はここから阪口を投入した。最終セッション進出のボーダーラインはおそらく56秒後半、ここまでの状況から♯4がこれをクリアすることはそう難しいことではない。阪口は、自信をもってコースインした。しかし、ここで♯4は、前戦に続きマシントラブルに見舞われる。電気系の不具合により、メーターが作動しなくなるというトラブルであった。マシン自体がこれでスピードを失うわけではないが、ギアチェンジのタイミングが取りづらくなりドライビングには大きな支障が生じる。阪口は自らの勘をたよりに必死にタイムを出そうとしたが、やはりリズムを崩してしまい2アタック目に1'57.423をマークするのが精一杯。さらにその後もこの時間帯終了までアタックを続けたが、これ以上のタイム更新はならなかった。トップ5を確実視されていた♯4は結局、第7戦の公式予選を17位で終えることになった。

 なおその後、セッション2、3を制した♯26 ユンケルパワータイサンポルシェが第7戦のポールポジションを獲得した。

 第6戦をノーポイントで終えた時、チームにダメ?ジを一切感じなかったのは、この第7戦に向けての自信が理由であることに間違いはない。しかし、視野に入れていた表彰台は、この予選で一歩も二歩も遠ざかってしまった。だが完全にチャンスが失われたわけではない。抜きにくいもてぎでの挽回は確かに容易ではないが、トップクラスの実力がある♯4は、必ず順位を上げてくるはずである。

◇コメント

◎植松監督
「もちろん今回はセッション3までは行く予定だったのですが、これが今のチームの総合力だということなのでしょうか。いい条件が揃っていながらも結果に結び付けることが出来ない、本当にもどかしい思いです。また、第6戦の時も今回もそうですが、決して人為的なトラブルではないし、勝利の女神にも見放されたのかなとも感じました。でもそんな中であっても戦って行くしかないのだし、明日は17番手から上位に行くために、スタートからいつもとは違う戦略を採って挑むつもりです。最初の5ラップはいい意味で荒っぽく、気合いを入れて行きます。そこで一気に5?6番手ぐらい上げていないと、チャンスは全くないと思います。」

◎阪口
「2戦続けてトラブルが出たことは非常に残念ですけど、明日のレースでは順位が上がる一方になると思うし、とにかく気持ちを切り替えてレースで頑張るだけです。もてぎのコースは確かに抜きにくいですが、コーナーでインに飛び込めるような状況を自分で作っていって、序盤からガンガン攻めて行こうと思っています。」

◎松下
「今日はセッション3までは行って、最終的に6?7番くらいかな、と思っていたんですけど、予想以上に周りの底力がすごかった。特にニュータイヤでない時の力が。うちはそこまでのパフォーマンスが、今回はなかったですね。明日は直線が速い車が前にいるのが厄介ですけど、何が起こるかわからないし、とにかく前を目指して走りたいと思います。8番を目標に頑張って救済を受けることが出来れば、それはシーズンを戦う上での戦略でもあるのだし、大きな意味があることだと思います。」

Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.