TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.60 2008 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUPER GT SUGO GT 300km RACE

Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 鈴鹿 決勝レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round6
INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート

 スーパーGT2008年シリーズ第6戦、鈴鹿1000kmは、決勝を迎えた。専門誌の予想では今回、優勝候補に名を列ねているチームウエマツノバの4号車(VEMAC320R)。しかし雨の中の公式予選で、グリッドは予想外の11番手となる。だがそれでも、1000kmという長い戦いに、チームは表彰台への自信を失っていなかった。

 前日の豪雨により、2回目の予選は中止になったため、ほとんどのチームのサードドライバーが予選を通過しておらず、朝のフリー走行が予選2回目に当てられた。前日の雨で路面は所々川ができている状態、事実上の予選アタックとなった植松は他チームのサードドライバーが2分14秒台で予選通過しているところ、計測二周目に2分12秒8で難なくパス。ドライにおける決勝結果に期待がかかる。午後になるとやや曇り空に変わったが結局雨が降り出すことはなく、ドライコンデションで予定通り午後1時にレースは開始。雨の中決定されたグリッドであったため、ドライでの実力とはやや順位は異なっている。したがって、スタートから序盤にかけて上位の順位は大きく変動。およそ1000kmレースらしくない幕開けとなる。
 ポールの♯77クスコスバルインプレッサは、8周目に早くもトップを明け渡す。その後は10番グリッドスタートの♯26ユンケルパワータイサンポルシェが、怒涛の追い上げから一気にトップ浮上。そしてそれもつかの間、14周目には昨年の覇者♯2プリヴェKENZOアセット紫電が♯26を捉える。また2位以下でも、上位グループはスタート直後から頻繁にバトル。ファーストスティントから激しい攻防が随所で繰り広げられた。

 3回ピット作戦を採っていた♯4は、阪口をスタートドライバーに起用。阪口はまず、スタートで順位をキープ。監督の指示通りにしばらくはタイヤをいたわるため、コンスタンラップに徹し、プッシュを控えた。そして長いレースの序盤を、粘り強くトップ集団から離れないよう食らい付き、反撃のチャンスが訪れるのを待つ。18周目にはストレートの速いマシンにオーバーテイクを食らうが、勝負はあくまでスティント後半。 阪口はそこでも全くあせることなく、その時を待っていた。
 そして、27周目から最初のルーティンピットインが始まった。ピットインを42周目に予定している♯4にとって、ここからが順位を上げる最初のチャンスである。阪口はペースを上げた。ファーストスティントの残り15周、いよいよ♯4は反撃を開始した。

 しかし、その数周後となる31周目のこと。♯4に思いもよらぬ展開が待っていた。スプーンコーナーの2個目を阪口がクリアしようとしたその時、突然マシンに大きな衝撃を受け、マシンは宙に舞いながら一回転してスピンアウト。何が起こったのか一瞬分からなかったが、右リアタイヤが完全に外れてしまっていることを阪口は理解した。今年になって他チームでのタイヤが外れる事故が多発していたのだ。動揺の色は隠せなかったが、阪口はすぐに冷静になる。「レースはまだ序盤、ピットに戻ることが出来ればチャンスは残される」。阪口はかなり時間を要したが、なんとかピットにたどり着いた。

 ♯4をガレージにおさめると、メカニックが一斉に修復にあたる。しかし、その瞬間、メカニックはコース復帰が不可能なことを知った。タイヤが外れる際、車体の下に巻き込んでしまい、ロアームが曲がり、ダンパーが折れてしまうという、非常に大きなダメージを♯4は負っていたのだ。監督であり、今回サードドライバーでもある植松の判断は早かった。1000kmのレースはまだ2割程度しか消化していなかったが、応急処置で再びコースに復帰するにはリスクが大きいため♯4はここで無念のリタイヤとなった。

 レースはその後の時間のほうが、はるかに長かった。コース上、トップ争いはその後も二転三転を繰り返す。中盤以降長くトップを守った♯2は終盤、アクシデントで後退。ほぼノーミスで5番手から着実に順位を上げてきた♯46 MOLAレオパレスZが、1000kmの長い戦いを最後に制した。

 長い戦いを経て最後に表彰台に立つためにチームが立てた戦略は、アクシデントの瞬間までは予定通りに運ばれていた。「仕方がない」と皆、口にするが、その後ドライブする予定だった松下、植松が何もしないうちのリタイヤで、悔いが残らないはずはない。ランキングはこれで一つ下がり、とうとうトップ10から転落した。残るはあと3戦、もう取りこぼしは許されない。


◇コメント
◎植松監督
「今回は自分もステアリングを握っているので表彰台に行きたかった。その可能性は十分にあったし、悔しいというより残念です。応援に来てくださった方たちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。天気といい、トラブルといい、何か一つ足りない。やれることはしっかりやってるつもりですが勝利の女神がこっちを向いてくれない。今回のトラブル原因はまだはっきりしてないですがホイルを止めてるナットの破損の可能性が高いです。スプーンコーナーで起こりましたが、その先の130Rで起こっていたらドライバーも無傷では済まなかった。不幸中の幸いだったと思います。再発防止に関してはノバがしっかりやってくれると思います。次の茂木はテストでもトップ3にいたし、本気で勝ちに行きます。」

◎阪口 「40周以上走ることになっていたので序盤はきちんとタイヤマネージメントをして、20周を過ぎてまわりがつらそうになった頃、“これから”という時のアクシデントでした。仕方がないことなのですが、そのまま行けば結果的には表彰台に行っていた展開だったので悔しいです。鈴鹿は地元で、応援しに来てくれた人も多かったし。でもその先の130Rで起こっていたら大事故になっていたと思うので、それは不幸中の幸い。次のもてぎは、テストの感じから今回よりもっと期待できるので、予選を頑張って、なるべく前で戦えるようにしたいと思います。」

◎松下
「これもレースなのでしょうがないと思っています。チームみんなで頑張った上での結果なので。ただ、1000kmのレースを全く経験することが出来なかったことが残念でした。来年必ず、もう一度参戦したいと思います。」

SGTオフィシャルHP http://supergt.net/jp/
TeamUEMATSU HP http://www.uematsu.co.jp/race/index.html

Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.