TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.60 2008 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUPER GT SUGO GT 300km RACE

Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 鈴鹿 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round6
INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート

 後半戦に突入したスーパーGTの2008年シーズンは、第6戦、鈴鹿1000kmを迎えた。
 チームウエマツノバの4号車(VEMAC320R)は、ここまでの5戦で着実に入賞を重ねてきたもののランキングは10位。表彰台がないことから、健闘を見せる割に成績は伸び悩む。したがってこの鈴鹿1000kmには、タイトル戦線浮上のための大量ポイント獲得の期待がかかる。現在上位陣のウェイトハンデが大きくなっていることや、鈴鹿のコース特性を考えればデータ上勝算は充分。さらに今回はサードドライバーとして監督の植松をエントリー。体制面も万全としている。そして金曜日の練習走行で総合3位と上々の出だしを見せる♯4は、この日の公式予選でも上位グリッドを狙っていた。

 しかし、鈴鹿サーキットはこの日、朝から雨に見舞われる。公式予選1回目が始まる午前9時50分になっても、雨がおさまる気配は全く見られず、ウェットコンディションで占有走行が開始。♯4は、前日煮詰めたドライセッティングを活かすことが出来なくなった。そして全マシンがウェットタイヤで一斉にコースインすると、ほとんどが占有時間帯いっぱいまで連続でアタックを行う展開となる。開始直後は♯19ウェッズスポーツIS350(織戸学)がトップに立っていたが、このコンディションを得意とする唯一の4駆マシン♯77 クスコスバルインプレッサ(佐々木孝太)がその後逆転。2’23.747をマークし、序盤は2位以下に大きなリードを築いた。

 ♯4はアタッカーの阪口が開始からコースインし、やはり連続でアタック。最初のアタックで2’27.500をマークし3位とすると、翌周には2’26.587とタイムを上げ順位を守る。そしてこのまま前日同様に上位での争いが続くのかと思われたが、この後阪口はタイムを伸ばすことは出来なかった。それに比べ、ライバル達は中盤から終盤にかけてタイムを上げてくる。レインセッティングが今一つのVEMACをなんとかねじ伏せ順位を守ろうとする阪口だったが、逆に最終コーナーでスピンしコースアウトしてしまうなど、ロスを喫することにもなり、さらに♯4は順位を下げた。そしてチェッカー間際に、♯66 triple a ムルシエRG-1(山西 康司)がトップ10圏外から急浮上。ここまで10位でなんとかスーパーラップ圏内に留まっていた♯4だったが、占有時間帯を結局11位で終えることになった。 一方、トップ争いはそのまま♯77の独壇場かと思われたが、現在ランキング首位の♯43ARTAガライヤが終盤に逆転。2’23.271で混走時間帯のトップを奪った。

 その後、GT500クラスの占有走行が終ると混走時間帯を迎える。ここで雨は一旦上がり、混走とはいえタイムアップの期待が生まれた。僅差でスーパーラップ圏外にいる♯4にとってこれは、逆転の大きなチャンスである。♯4はまず松下をコースに送り基準タイムをクリアさせると、再び阪口がアタックに挑んだ。阪口はその2周目に2’25.989とタイムを上げ、10位に再浮上。スーパーラップ進出はギリギリながらクリアするかに思われた。しかしまたもやチェッカーギリギリのタイミングで逆転を許し、11位に再び後退。4戦連続で守ってきた予選トップ10を、この重要な一戦で失うことになった。

 なおトップは、混走で♯77が奪い返した。そして午後のスーパーラップは激しい雨の影響で中止となり、そのまま♯77が第6戦のポールシッターとなった。

 予報によると明日のレースはドライで行われる。したがって金曜日にドライで3番手につけた♯4が、11番手から順位を上げて行く展開になることは間違いない。さらにその距離が1000kmにも及ぶことは、♯4の今季初表彰台を充分可能にするはずである。

◇コメント
◎植松監督 「ドライであればトップ3に残れると思っていましたが、この雨だとヨコハマ(タイヤ)勢がつらいことは分かっていました。トップ10に残れるか残れないかという戦いの中でコンマ1秒負けてしまったというのは、悔しかったですね。まあ、ドライバーの方がもっと悔しいのでしょうけど。でももっと後ろでもおかしくなかったのだし、11位は上出来。良平も松下も頑張ってくれました。明日はドライを予想していますが、昨日タイヤのチョイスを決め切れなかったことでやや不安はあります。でもその選択で明日はやるしかない。明日の作戦はまだはっきりと決まってはいません。ですが、とにかくスタートから順位を上げていく戦いをしたいと思います。」

◎阪口 「明日のレースは天候がどうなるかにもよって違ってきますが、ドライだったら金曜日に3番手だったし走りだしから感触が良かったので自信はあります。もちろん雨でも、今日は予想していたより良い走りが出来ています。でも、やっぱり晴れてほしいですね。自分達だけではなく、お客さんのためにも。そして1000km走り切って、最後にいい花火を見たいと思います。暑さの面も、前回のエンジントラブルも、明日は問題ないはずです。」

◎松下 「今回、予選は残念ながらトップ10に入ることが出来なかったのですが、ゴールはここから1000km先ですから。距離が長いことでレースはひっちゃかめっちゃかになるでしょうし、いつも通り粘っこく走って行けば最後はいい結果になると思います。とにかく、楽しく1000kmを走りきりたいです。」

SGTオフィシャルHP http://supergt.net/jp/
TeamUEMATSU HP http://www.uematsu.co.jp/race/index.html

Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.