TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.60 2008 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUPER GT SUGO GT 300km RACE

Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round5
SUGO GT 300km RACE  予選レポート

 スーパーGTの2008年シーズンは、折り返しとなる第5戦を迎えた。前戦ではクラス1、2の速さを見せながら、非常に惜しい形で初の表彰台を逃すことになったチームウエマツノバ4号車にとって、第5戦はリベンジの舞台である。しかし、速さを見せたことでこの第5戦では代償を伴うことになった。性能調整により、2ランク(+50kg)と+10kgのハンデが加えられることになったのだ。そして金曜日に行われた練習走行では、午前16位、午後17位に終る。決して調子が悪いわけではなかったが、2戦連続でトップタイムを叩きだした、あの♯4の姿はそこになかった。

 午前11時から、公式予選1回目が開始。前日からの雨はすでに止み、一時雲の間から陽が射していたことで路面は急速に回復を見せていた。このため濡れた箇所がまだ残っていたものの、全マシンがドライで予選アタックに挑むこととなった。
 ♯4はハンデの影響から、前日に続きこの公式予選でも苦戦を強いられる。GT300クラスの占有走行が始まるとまず♯4は、阪口がコースイン。阪口は2周目に1’25.796をマークすると次の周には1’25.223とタイムを削り、この時点で8位に立つ。しかし、雨が再び降り出す可能性があったため序盤から本格的なアタックが見られたこの占有では、2周目のアタックあたりからトップ10争いは激しくなり25秒台が連発されるようになった。1’24.108という驚異的なタイムをたたき出した♯19 ウェッズスポーツセリカがトップに立ち、2位以降は接戦。♯4は、阪口が3周のアタックを行った後松下にスイッチするが、松下が基準タイムをクリアする間に♯4はトップ10圏外に脱落してしまった。
 ♯4の監督植松は、もちろんここで作戦を変更する。松下から再び阪口にドライバーを変え、ニュータイヤを投入し再びアタックへと向かわせた。この直後♯333楽天BOMEX 320Rがコース上にマシンを止めてしまったためセッションは約8分中断したが、再開後予定通り阪口はアタックを敢行。残り時間は4分しかなかったが1周のみアタックし、1’25.219でベストラップの更新に成功した。しかし順位は12位のまま変わらず。スーパーラップに進出するためには、クリアラップが難しい混走時間帯の中タイムアップを果たさねばならなくなった。
 GT500クラス占有の後行われた混走時間帯では、路面状況は占有の時からさらに向上した。このため、スーパーラップ進出ギリギリのマシンは2セット目のタイヤを投入し、序盤から果敢なアタックを行った。♯4は阪口が開始直後からコースイン。まず1周目はクリアな状況に恵まれず、1’25.566に留まる。そして続く2周目もタイムアップは果たせなかった。タイヤはすでに2セット目のおいしいところを過ぎている。チームはスーパーラップを諦めかけた。しかし阪口は3周目に、素晴らしいアタックを見せる。1’25.059を土壇場でたたき出し、10位へと食い込んでみせたのだ。これは阪口が、マシンのポテンシャル以上の走りをしたということである。♯4はかろうじて、スーパーラップ進出を決めた。
 他にもこの混走では♯26 ユンケルパワータイサンポルシェが6位に入るなど、トップ10は変動を見せた。しかし上位5台は変わらず、トップは♯19が最後まで守った。

  午後3時から、スーパーラップが開始される。1回目の予選後、7位で通過した♯81ダイシンアドバンZにペナルティが出されたため、♯4は9位に繰り上がり出走順は2番目となった。そして最初にアタックした♯11 JIMCENTER ADVAN F430が1’24.252という好タイムを叩きだした直後、♯4の阪口はアタックに挑んだ。だが、2セット目のタイヤですでに7周を走行した♯4にはもう余力は残っていなかった、それでも阪口は精一杯のアタックを見せるが、タイムは1’25.378に留まる。チームはここで、10位後退を覚悟した。ところがこの後アタックしたマシンの中ですでに2セット目を使っていたマシンは同様にタイムが伸び悩むことになり、さらに一台がトラブルに見舞われ、♯4は逆に順位を上げて行くことになる。5台がアタックを終えても♯4は2位をキープし続けた。 そしてスーパーラップが終了し、ポールポジションを獲得したのは♯19。♯4は結局3つ順位を上げ、6位を手にすることになった。

 チームが立てた作戦をドライバーが完璧に遂行し、一時は諦めかけていたスーパーラップ進出を決めたことで、チームの士気は上がっていた。これが、スーパーラップでのさらなる幸運をもたらしたのだろうか。終ってみれば今季最高位グリッドを獲得したチームウエマツノバ。金曜日の走り出しは不調だったものの、そこから先で上向き続けるというこれまでになかった展開は、抜くことが難しいSUGOであっても表彰台が狙えるのでは、という予感を抱かせる。

◇コメント

◎植松監督
「今日は、阪口の頑張りがすべてでした。また運も良かった。混走でクリアラップが取れタイムが縮められたことで、10位まで順位を上げることができました。阪口は計4回アタックを行ったのですが、集中力を最後まで保ったことは賞賛に値すると思います。スーパーラップは7周走ったタイヤだったし、あのタイムは想定内。でもまわりがミスをしたり、ミシュラン勢はタイヤがうまく温まらなかったのでしょうか、ここでも運が見方して6位まで順位を上げることができました。SUGOは抜くのが難しいコースなので、予選で前にいることは非常に重要なことです。明日に向けていい感じに流れが来ているな、と感じています。明日はみんなの頑張り次第。雨の予想もあって、決勝も運次第ということもあり得るのですが、チームとしてはしっかり想定して対処したいと思います。」

◎阪口
「ハンデで前戦より不利になってしまったので今回は、『ポイントを獲る』ことが目標だったのですが、予選で6位になれたので、なんとかこのポジションを最後までキープして、次の鈴鹿1000kmにつなげられるようなレースをしたいと思います。1000kmの方が僕らにとってはもっとマージンがあると思うので、そこで一気に行きたいですね。」

◎松下
「昨日の状況から考えると、今日の結果はビックリです。予選2回目で自分が走った時もトップ10内だったし、ハンデ面で前回より不利になった中で、ドライバーもチームもそれ以上のパフォーマンスを出せたのかなという感じです。今季ベストグリッドだし、みんないい仕事をしたと思います。決勝はまわりに救済を受けている車もいるし、そんなに簡単ではないでしょうが、なんとかこのままポイント圏内でフィニッシュしたいと思います。でも、毎年荒れているので、今回もなにが起こるか分からない。そういう意味でのワクワク感はありますね。」


Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.