TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.54 2008 AUTOBACS SUPER GT Round2 OKAYAMA GT 300km

Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round2
OKAYAMA GT 300km  予選レポート

 新生「チームウエマツノバ」が挑むスーパーGTの2008年シーズンは、第2戦に突入した。今回の舞台、岡山サーキットに現れたのは、今季フル参戦の4号車(VEMAC320R)のみ。植松は今回監督業に専念し、開幕戦入賞で幸先のいいスタートを切った♯4の連続入賞を果たすため、万全の体制を敷く。そして開幕戦でGTデビューとなった松下昌揮が前週に富士で行われた全日本F3選手権で初優勝を達成するなど、チームウエマツノバは開幕からここまで、いい状態が続いていた。しかし、前日の練習走行ではエンジンにトラブルが発生してしまい、午後の走行を断念。セッティングは予定通りに進まず、一抹の不安を抱えこの日の公式予選を迎えていた。

しかしその心配は杞憂に終る。昨日に続き、晴天の中行われた午前10時からの予選1回目。占有走行が始まると、♯4のアタッカー阪口良平は真っ先にコースイン。2周目のアタックで1'33.237のタイムでトップに立ち、セッションをリードする。セットアップ不足の影響はこの時点で、微塵も感じられなかった。その後も阪口はタイムを削り翌周は1'32.666、さらに3周目には1'32.408と前日のクラストップを上まわるタイムをたたき出す。ぶっつけ本番のセットアップだったが、前日のアクシデントによる遅れはこれで、完全に解消された。
 この後、♯66 triple a ムルシエラゴRG-1が阪口のタイムを上回り、♯4は2 位に後退。またさらに、♯46 MOLAレオパレスZや♯43ARTAガライヤは31秒台にまで入れてくる。これで序盤の展開では間違いなしだと思われた♯4のスーパーラップ進出にやや、暗雲が立ち篭め始める。監督の植松は今季初のスーパーラップ進出を確実にするため、ニュータイヤ投入を決意。再び阪口をコースに送りだした。
 しかし結局阪口はタイヤをうまく温めることができず、2周のアタックチャンスを逃してしまう。占有走行時間はそのまま終了。この時点で♯4は9位まで順位を下げたが、スーパーラップ圏内になんとか踏み止まっていた。
 
 コース幅のせまい岡山では、その後行われる混走でクリアラップをとることは難しい。したがって、予選1回目の上位の順位に変動の可能性はあまり考えられなかった。♯4も、すでに2セットのタイヤを使っていることもあり、この時間帯では松下が基準タイムをクリアするためのみコースに出る。そして予想通り順位はほぼ動かなかったが、唯一、♯2 プリヴェKENZOアセット紫電が6位に食い込んできた。これで♯4は10位に後退するが、ここで予選1回目は終了。からくも今季初のスーパーラップを決めたのだった。

 チームウエマツノバにとって初のスーパーラップは、午後3時より開始。予選4位の♯66に車両規定違反が発覚したため、アタック順は2番目に繰り上がっていた。そして同じく10位に繰り上がった♯26 ユンケルパワータイサンポルシェが最初にアタック。♯26は1'33.013をマークする。次はいよいよ♯4のアタック順である。アタッカーの阪口は、初のスーパーラップにもかかわらず落ち着いていた。そしてアウトラップで入念にタイヤを温めると、アタック開始。ミスをすることもなく、万全でアタックを終える。しかしタイムは1'33.286に留まってしまう。午前に2セットのニュータイヤを使ってしまっていたため、ユーズドタイヤでアタックせざるを得なかったことがここで影響した。この後、スーパーラップはほぼ予選順位通りにタイムが上がって行き、結局♯4を下回るマシンは現れなかった。ポールは♯43 ARTAガライヤが獲得。♯4は10位だったが、スーパーラップ後、2 位の♯77クスコスバルインプレッサにも車両違反が発覚したため、9位で最終的に第2戦の公式予選を終えた。結果論から言えばもっと上のグリッド獲得の可能性もあったが、絶望的ともいえる前日のアクシデントから考えれば、最高のパフォーマンスを発揮したといえよう。

 ポイント圏外のグリッドから、レースでの安定度を武器に圏内に押し上げるレース展開を得意とするチームウエマツノバ。ポイント圏内から始まるレースでは、一体どんな展開を見せるのだろうか。順当であれば表彰台の可能性も大きいだけに、明日は目の離せない一戦となりそうだ。

◇コメント

◎植松監督
「昨日の午後が全く走れていないこともあって、午前に2セット使ってアタックすることは最初から予定していました。あくまで目標はスーパーラップ進出であって、それが果たせたわけですから、作戦は成功だったと思っています。スーパーラップのタイムについては、うちと#2だけがユーズドだったわけだし仕方がない。本音は7〜8番手ぐらいまで行きたかったのですが。明日のレースは作戦面で、監督としての仕事をきっちりと果たしたいと思います。決勝のほうもセットはやはり完全ではなくぶっつけ本番に近いし、ロングもやっていないという不安はあります。また、中団は混雑しているので接触の危険性が高いポジションだと思いますが、まずはスタートの混乱をうまくクリアして、あとはうちらしいレースをしていけば5〜6番手にまで行ける可能性はあると思います。最低でも8位以上でフィニッシュすることが目標です。」

◎阪口
「ユーズドとはいえ1アタックしか使っていないタイヤだし、最初はそんなに影響ないかと思っていましたが、やはりその影響で他よりタイムを伸ばすことはできませんでしたね。おいしいところはもう、残っていませんでした。スーパーラップでのアタックは初めてでしたが、そんなに緊張もしなかったし、特別ミスしたわけでもありません。ただ、まだ上位との差はあるな、と感じました。マシンへの要求もまだたくさんあるし、これから徐々に良くしていきたいと思います。明日の決勝は、ペースを守って、タイヤマネージメントもしっかりやって、とにかくポイント圏内でゴールしてデータが残したい。それを積み重ねていって、いつか“ドカン”と行きたいですね。」

◎松下
「明日の決勝はポイント圏内からのスタート。前回より上でチェッカーを受けられるよう、頑張りたいと思います。昨日トラブルがありましたが、マシンはチームがちゃんと直してくれたし、レースも2戦目になるので緊張もなく臨めると思います。先週はF3で優勝を果たし、自分のドライビングスタイルが間違っていないことが証明することが出来ました。今週、GTの方でもぜひいい結果を続けたいと思います。」


Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.