TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.53 2008 AUTOBACS SUPER GT Round1 SUZUKA GT 300km

Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round1
SUZUKA GT 300km  決勝レポート

 2008年、生まれ変わったTeamUEMATSU NOVAの初陣となる開幕戦のレースが、鈴鹿サーキットで行われた。その晴れの舞台を祝うかのように、昨日に続き快晴に恵まれた鈴鹿には、大観衆が詰めかけた。2台体制で挑む開幕戦の決勝グリッドは、♯4 VEMAC320R(阪口良平/松下昌揮)が13番目、♯16 VEMAC350R(植松忠雄/筒井克彦)が18番目と、いずれもポイント圏外からのスタート。しかし、植松監督をはじめとしたチーム全員の目には、「開幕戦入賞」の自信がみなぎっていた。

 午後2時。気温20℃、路面温度33℃という、この時期としては暖かなコンディションの中、開幕戦のレースはスタート。GT300クラスはスタートでの波乱はなく、ポールからスタートした♯2 プリヴェKENZOアセット紫電と2番手スタートの♯7 ORC雨宮SGC-7が、そのまま序盤から3位以下を徐々に引き離していく展開となる。♯2と♯7は1〜2秒差を保ったまま、10周目を過ぎたあたりからは完全にマッチレース状態。そして15周を過ぎると両者は接近戦となり、テールトゥノーズのままレースは進行した。また、3位は♯26ユンケルパワータイサンポルシェが、後続を抑えながらキープを続けた。

 TeamUEMATSU NOVA、♯4のスタートドライバーをつとめる阪口は、オープニングラップでは順位をまずキープ。続く2周目にペースを落してきた♯11 ジムセンターF430をかわすと、1つポジションを上げる。さらに11周目には、♯95 ライトニングマックィーンMR-Sがスピンを喫したことで11位へ。序盤で、早くもポイント圏内直前まで浮上する。一方の♯16はまず植松がドライブ。♯16は後ろ2台がストレートスピードに勝るポルシェであったため、オープニングラップでポジションを譲ってしまうが、そこからプッシュはせず冷静に、序盤はタイヤをセーブする作戦に切り替える。そして8周目に♯11をかわすと、一つポジションを戻した。

 TeamUEMATSU NOVAの2台はその後、中盤まで順位をキープ。♯4は20周目にピットインし、今回がGTレースデビューとなる松下にポイント圏内浮上を託す。そして松下はその期待に応え、13位でコースに復帰すると落ち着いた走りでペースを守り、ライバル達がミスで次々と脱落していくのを尻目に、ひとつ、またひとつと順位を上げていく。一方の♯16のピットインは植松が我慢の走りで引っ張り29周目と遅く、その間に順位が繰り上がり13位で筒井にバトンを渡した。

 松下の走りはチームの期待を大きく上回った。#33ハンコックポルシェ(景山正美)、#110クムホボクスター(光貞秀俊)、歴戦の兵らに囲まれながらも冷静さを失わず、GT500とのからみも難なくさばき、34周目には一度オーバーテイクを許した♯33 ハンコックポルシェをデグナー2個目でインを差し抜き返すなど、堂々のパフォーマンスを繰り広げる。終盤にスピンを喫するミスはあったものの、そのロスも最小限に留め、47周を見事完走。♯4はスタート時の13番手から5つポジションを上げ、8位で見事に初陣を飾ったのだった。一方の♯16は後半も安定した走りを見せていたが、無線トラブルに見舞われ思い通りに攻めることが出来なかったため2つポジションアップの16位に終ったが、TeamUEMATSU NOVAは開幕戦で3ポイントを見事獲得。第2戦以降に望みをつなぐ、確かな2008年の第一歩を踏み出した。

 なお上位争いは、スタートから終始、♯2と♯7によるマッチレース。レースペースに勝る♯7が、執拗なブロックを続ける♯2を39周目についに捉え、そのままチェッカー。開幕戦を制した。

◇コメント

photo image
◎16号車 兼 TeamUEMATSU監督  植松
「まず、今年TeamUEMATSU NOVAを応援してくださるスポンサー様方に厚くお礼申し上げます。レース場に足を運んでくださったスポンサー様方には大した接待もできずにすみませんでした。多分今年もこんな感じですのでご理解ご協力お願いいたします。そして、短期間でここまでこぎつけられたのはメカニックやエンジンチューナー、マネージャーなど裏方の皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。これからのよろしくお願い申し上げます。さて、#16についてですが、#4が1100kgの車重に対し、#16は1200kg、最初からタイヤが相当厳しくなることが分かっていたので、我慢のレースになることは覚悟していました。♯16を応援してくれた方には申し訳ない結果になりましたが、やれることはやったと思っています。今のレギュレーションではこれがいっぱいです。後半、レギュレーション変更もあると思いますので上位入賞できると思います。♯4は予想通りの展開でした。うまく行けば5位くらいまではあるかなと思っていましたが、初戦だしこれで上出来だと思います。松下は初の箱(箱型車種)レースだし、阪口とのコンビネーションがうまく行くかどうかレース前は不安もありましたが、フォーミュラ上がり同士セットも似ていて、いいコンビですよ。坂口は経験豊富で車をすぐにセットアップできるし、信頼できる。今年は良平が本来の才能を発揮できる舞台は作りました。後は本人次第かな・・・。松下は全日本カートで鍛えただけあってアグレッシブな走りをする。抜いてほしいところで抜いてきてくれた。ちょっとしたミスもありましたが、あれこれ無線で指示することも結局なく、安心出来ました。まぁ、「努力に勝る天才はいない」わけですから、精神面でもビシバシ鍛えていきます。今年一年の成長が楽しみです。TeamUEMATSUを踏み台に世界を舞台に戦えるドライバーになってほしい。岡山では自分も監督業に専念きるし、チームの最大限の力を発揮して表彰台を狙いたいと思います。」

◎4号車 阪口
photo image
「今の状況下での力は、今日は充分に発揮できたと思います。接触などのリスクを避け、ちゃんと『チェッカーを目指す』レースをした結果、入賞を果たせたのだと思います。このチームはすごいチーム、監督は現役GTドライバーですし、エンジニアは経験豊富、なので、次からもいろいろなものを投入していってどんどん上を目指していきたい。第2戦の岡山は自分の得意なコースだし、ストレートスピードがもっと上がれば期待できるはず。松下のことも、最初は初レースということでヒヤヒヤして見ていましたが、タイプ的には自分と似ているし、これからもまだまだ速くなることを確信しました。応援してくださる皆さんに良い結果で恩返ししたいと思います。」

◎4号車 松下
photo image
「今日はスーパーGTのデビューレース。一番の目標が『必ず完走してデータを取ること』だったので、そこはクリア出来たのかな、と思います。ポジションも自分のスティントで『7〜8位までいければ』と思っていたので、結果としても良かったです。最後はスピンしてしまったのですが、グラベルまで行かなくて幸いでした。そんなデビューレースを自分で採点すると、50点くらいですね。タイヤの選択上、NEWタイヤを使ったのですが、始めてだったので温まり方のイメージがなく、最初は慎重に走らざるをえませんでした。でも、今日の経験で分かったので、次からはもっとうまく攻めていくことが出来ると思います。これからも常にトップ10内でのレースをしていきたいです。」

◎16号車 筒井
photo image
「昨日にくらべ、マシンの感じはだいぶつかめてきたと思います。ただ、今年のレギュレーションでは他の車に比べ、とにかくパワーがない、車重も重たいのでこのマシンの得意であるべき2コーナーからデグナーまでが登っていかないんです。それで直線も遅い、次回のレースでGTAの救済で、馬力だけでも他社に近づけてほしいです。無線トラブルがあったので、前後のマシンが同一周回なのかどうか分からなくてレースがしづらい状況ではありましたが、マシンは安定していたし、今日は気温が高かったけど、終盤のタイヤのタレは自分のターンは週回数が少なかった分そんなに気にならなかったです。」


Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.