TEAM UEMATSU RACING SITE Counter
NEWS RACING REPORT PHOTO GALLERY BLOG TAD UEMATSU PROFILE UEMATSU Lady's LINK TOP
Vol.69
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 決勝レポート
Vol.68
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第9戦 FUJI GT 300KM 予選レポート
Vol.66
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第8戦 KYUSHU 300KM 予選レポート
Vol.65
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 決勝レポート
Vol.64
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第7戦 MOTEGI GT 300KM 予選レポート
Vol.63
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 決勝レポート
Vol.62
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第6戦 INTERNATIONAL POKKA 1000KM 予選レポート
Vol.61
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レポート
Vol.60
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第5戦 SUGO GT 300km RACE 予選レポート
Vol.59
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 決勝レポート
Vol.58
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第4戦 マレーシア 予選レポート
Vol.57
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 決勝レポート
Vol.56
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第3戦 富士 予選レポート
Vol.55
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 決勝レポート
Vol.54
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第2戦 岡山 予選レポート
Vol.53
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 決勝レポート
Vol.52
2008 Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

▼バックナンバー
2007 | 2006 | 2005以前
RACING REPORT Vol.52 2008 AUTOBACS SUPER GT Round1 SUZUKA GT 300km

Team UEMATSU スーパーGT 第1戦 鈴鹿 予選レポート

2008 AUTOBACS SUPER GT Round1
SUZUKA GT 300km  予選レポート

 スーパーGTの2008年シーズンが始まった。話題のニッサンGT-RがGT500クラスに復活するなど、オフの間も話題が尽きることはなく、両クラスともに激戦となった昨シーズンの余韻が消えぬままスーパーGTは2008年の開幕を迎えた。同じようにGT300クラスもまた、レクサスISをはじめとしたニューカマー情報など話題満載。そんな中チームウエマツも、今季古豪ノバエンジニアリングとジョイントし体制を強化したことで注目を浴びていた。「チームウエマツノバ」は2008年シーズンを2台体制で戦う。フル参戦となる4号車(VEMAC320R)にはエース阪口良平と期待の新鋭松下昌揮。そして開幕戦を含め3戦のみのスポット参戦となる16号車(VEMAC350R)には、植松忠雄と筒井克彦というドライバーラインナップ。2台ともに監督は、兼任で植松がつとめる。新チームの初陣となる開幕戦の公式予選が15日、鈴鹿サーキットで行われた。

 前日の雨は夜には止み、この日の鈴鹿は朝から快晴につつまれる。公式予選が開始される午前10時には気温も上がり、絶好の開幕日和となった。まずはGT300クラスの占有走行が始まる。この日はスーパーGTの予選がコース上最初のイベントであり、ラバーが雨で流された状態のままであったため開始直後にコースインするマシンは5〜6台。静かな2008年の幕開けとなった。
 チームウエマツノバは♯16が開始からコースイン、アタックに入る。アタックをつとめる植松は、2’11.795、2’10.915とタイムを削っていく。そして一旦ピットインし、2セット目のNEWタイヤで更なるタイムアップに挑んだが、アタックラップに赤旗中断、予選再開後のアタックで2’09.895。一方の♯4は阪口がアタック。開始から8分過ぎにコースインし、2’07.982をマークする。このあたりから、強豪チームがアタックに入っておりトップ10のリザルトが激しく変動する中、♯4のタイムは11位とスーパーラップギリギリに位置していた。残り5分でセッションが一時赤旗中断となり、15分後に再開。阪口はその後も2セット目のタイヤを投入しアタックを試みるが、思うようにタイムを伸ばすことが出来ず11位で占有走行を終える。コース上では、占有走行終了間際に♯2 プリヴェKENZOアセット紫電が2’05.211をマークし、トップに立っていた。
 GT500クラスの占有走行が終り、混走時間帯に入る。この時点で上位につけるマシンはいずれもセカンドドライバーが走行、基準タイムをクリアしにかかる。♯4も♯16も同様に、松下、筒井がそれぞれコースに入った。そして♯4はもう一歩でスーパーラップ進出が果たせる位置にいたため、松下が基準タイムをクリアすると、混走の残り10分の時間帯で再び阪口がコースイン。しかし阪口は3周のアタックを行ったものの、ベストタイムを更新することは出来なかった。さらに、この混走で2台が圏内に繰り上がることに成功したため、♯4は惜しくも13位で開幕戦の公式予選を終えることとなった。一方の♯16は、筒井が混走時間帯いっぱい8周を走行するものの基準タイムをクリア出来ず、午後の2回目予選でクリア。2’13.079をマークし決勝に駒を進めた。

 午後になり、相変わらずの快晴が続く鈴鹿サーキット。気温20度、路面温度は30度を超えた。午前とは大きく異なる路面の状況の中行われたスーパーラップでは順位は大きく変動した。しかしトップ2 は午前と同じ顔ぶれでともに5秒台をマーク。ポールシッターは♯2のもとに渡り、♯7が2番手となり開幕戦の公式予選を終えた。

 チームウエマツノバの初陣。決勝は♯4が13番目、♯16は18番目のグリッドから挑む。しかし去年は予選よりも決勝でのパフォーマンスに秀でていたチームだけに、両マシンともに開幕でポイントを獲得し、まずは2008年を確実な第一歩で飾る予感は大いによぎっている。

◇コメント

◎植松監督
「♯16については、レギュレーションで不利な部分があることは分かっていてどう改善すべきかいろいろ考えていたところに、フタを開けて見ると予想以上にストレートが遅く、少しショックでした。ですが、マシン自体はノバの手が加わったことで2005年の時より良くなっていると思います。富士ではエンジンがニューバージョンになり、馬力がもっと上がるはずなので期待したいです。今日の予選アタックは、1セット目は路面が濡れていたし2セット目は赤旗と他車に引っ掛かってしまい不本意な出来。決勝ではなんとか抜いていくレースをして、5位以内で筒井選手にバトンを渡したいと思います。
♯4に関しては、予想していた通りイケそうですね。松下も新人ながら結構期待出来ると思います。決勝では、気温が高くなってしまうとタイヤがソフトなだけに心配な面もありますが、♯4については表彰台のポテンシャルがあると思うので楽しみです。」

◎阪口
「午前はまず、アタックラップの時に赤旗が出てしまい、チャンスを逃してしまいました。でもいい感触はあったので2セット目を投入し再度アタックしたのですが、今度は引っ掛かってしまった。ポテンシャル的には6秒後半も見えていただけに残念な予選でした。決勝については、レギュレーションによってマシン特性が去年と変わってしまいレースラップにやや不安があるので、もっとパフォーマンスを上げられるよう模索中といったところ。もうちょっとセッティングをキメたいですね。高速コーナーが速いことを最大限活かせるセットを見つけて、明日のレースでは松下君と力をあわせて上位進出を果たしたいと思います。」

◎松下
「ハコのレースは今回が初挑戦になりますが、VEMACは比較的動きがフォーミュラに近いので、思ったほど違和感はなかったです。またこの経験は、F3にも大きくフィードバック出来ると思います。合同テストから昨日の走行にかけて阪口選手とのタイムギャップも徐々に縮まっていますし、マシンに対するコメントも似ているようなので、セットアップもスムーズに行きそう。デビュー戦ですが、明日はポイントゲットを狙っていきたいと思います。」

◎筒井
「去年まで乗っていた320Rとこの350Rでは全くマシン特性が異なっているようで、開幕戦のこの時点ではやや苦戦しています。コーナーはダウンフォースが効いているし速いのですが、ピーキーで難しいマシンですね。走るのにすごく神経を使います。また合同テストの時ともセットが変わっていて、午前の予選では特性を把握しきれず、基準タイムを出すことが出来ませんでした。インターバルでデータを研究してからは『少しマシになったかな』、という感じです。明日のフリー走行でもっと修正して、レースではチームに貢献できるよう頑張りたいと思います。」


Copyright © UEMATSU.Inc. ALL RIGHTS RESERVED.